東京理容専修学校同窓会


同窓会規約




第1章 総 則


(名 称)
第1条 本会は、東京理容専修学校同窓会と称する。(以下「本会」と称す。)
   
(事 務 所)
第2条 本会の事務所は、東京都千代田区西神田1丁目3番地4号の東京理容専修学校内に置く。
   
(目 的)  
第3条 本会は、同窓会相互の連絡を図り、親睦を深め、情報交換を行うと共に、
会員の繁栄と母校の発展に寄与することを目的とする。
   
(事 業)  
第4条 本会は、前条の目的達成のため、次の事業を行う。
   (1) 会員の消息に配慮し、その所在を把握する。
   (2) 各期・各クラスを単位とした同期会・クラス会等を開催する。
   (3) 全体の合同同窓会を開催する。
   (4) 学校の発展に寄与する協力事業を行う。
   (5) その他必要と認める事業。


第2章 会 員


(会 員)
第5条 本会は、東京理容専修学校卒業生、並びに旧・東京都理容学校卒業生のうち本会の趣旨に賛同するもので組織する。


第3章  役 員・委 員


(役 員)
第6条 本会に次の役員を置く。
 名誉会長 1名、会長 1名、副会長 1名、運営委員 4〜6名、
 会計・事務 若干名、監査 2名、顧問及び相談役 若干名。
(選 出)  
第7条 本会の役員・委員は、次の方法によって選出する。
   (1) 名誉会長には校長が就任する。
   (2) 会長及び会計・事務、監査は、総会において選出する。
   (3) 副会長及び運営委員は、会長が指名し、総会において承認を受ける。
   (4) 運営委員はクラス委員の中より選出する。
   (5) クラス委員は、各クラス会において選出する。
   (6) 顧問及び相談役は、役員会が推薦し、会長が委嘱する。
   
(業 務)
第8条 本会の役員・委員は、次の事業を行う。
   (1) 会長は、本会を代表し、業務全般を統括する。
   (2) 副会長は、会長を補佐し、会長事故ある時には職務を代行する。
   (3) 運営委員は、運営委員会を組織し、事業の企画立案、広報活動を行う。
   (4) 会長、副会長、運営委員会は、役員会を組織し、事業の運営にあたる。
   (5) クラス委員は、会員の消息や所在を把握し連絡する。
   (6) 会計・事務は、本会の財務に関する事務に従事する。
   (7) 監査は、毎事業年度内に1回以上の会計監査を行う。
   (8) 顧問・相談役は、役員会の事業遂行の相談に乗る等、本会の運営に協力する。
   
(任 期)  
第9条 本会の役員の任期は、3年とする。ただし、再任を妨げない。


第4章 会 議


(会 議)
第10条 本会の会議は総会、役員会、運営委員会の3種とし、それぞれの会議で議長を置く。
(1) 定期総会  定期総会は全ての会員をもって構成し、毎年1回会長が招集する。
議長  総会の議長は、出席会員の中から選出する。
(2) 臨時総会  役員会で必要とした場合に随時開催する。
議長  総会の議長は、出席会員の中から選出する。
(3) 役員会  役員会は、随時会長がこれを招集し、本会の運営に必要な事項を協議する。
議長  役員会の議長は会長とし、この会議を主宰する。
(4) 運営委員会  運営委員会は、事業の企画会議など必要に応じて
 随時企画責任者が招集する。
議長  運営委員会の議長は、会議毎に委員の中から選出する。
 
(定 足 数)
第11条 総会及び役員会の会議の成立は、役員・委員総数の2分の1以上の出席がなければ
議決することができない。
ただし、書面(委任状)又は代理人(委任者)によって議決権を行使する場合は、
出席したものとみなす。


第5章 会 計


(年 度)
第12条 本会の会計年度は、毎年4月1日に始まり翌年3月31日をもって終了する。
   
(会 費)
第13条 本会の年会費は、入会金5,000円を入会時に納入する。
会費は毎年始めての総会で、その額を決める。
会の運営に必要と認めるとき、会長は役員会の議決を得て、臨時会費を徴収することができる。


第6章 附 則


1. 本規約の改正は、総会の決議による。
2. 本規約で定めるもののほか、必要事項については別に細則をもって定める。
3. 本規約は、平成9年4月1日より実施する。
規約一部改正、 平成12年5月29日
平成14年2月25日
平成17年6月27日
平成18年5月15日
平成22年3月 8日



©2016 東京理容専修学校同窓会