学校紹介

東京理容専修学校

東京理容専修学校

昭和5年東京市社会局芝園職業訓練所から設立され、昭和24年 都立東京都理容学校と名称変更、
平成7年東京都理容生活衛生同業組合に経営移譲され東京理容専修学校と名称変更し、経営母体となった歴史ある理容専科の専門学校です。

東京都理容生活衛生同業組合

東京都理容組合の現在の組合員は約3500名。理容業界の発展と各組合員の理容店の繁栄に貢献する事業を展開している組織です。東京都理容組合が発足されて以来、そのスケールメリットを生かした事業を実行しています。

都内唯一の理容専科専門学校

昨今のフェードカットや再びアイロンパーマが注目されている中、それらを施すヘアスタイルには、やはりしっかりとしたベーシックなテクニックが必要です。また、それらを学ぶのが養成施設(理容学校)です。理容師免許取得のための国家試験課題“ミディアムロング”や“シェービング” 本校には、東京都理容学校時代から歴史と伝統ある、理容専科校ならではの長年培ったノウハウがあります。

東京理容専修学校

国家試験での高い合格率

昼間部 理容師養成コース
H31年 100%
R2年    92%
R3年       91%

昼間部 美容修得者コース
H31年 100%
R2年   100%
R3年      100%

通信部 理容師養成コース
R2年   89%
R3年     100%

通信部 美容修得者コース
R2年 96%

 

理事長 ごあいさつ

東京理容専修学校 理事長
東京都理容生活衛生同業組合 理事長

稲葉 孝博

学校長 ごあいさつ

理容業を一生涯の天職とし、理容技術の追求に研鑽をかさね業界活動を全うしてまいりました。そしてこれからも理容業に係わる全ての人々に「夢」と「希望」に満ちあふれた”豊かな業界”を目指しております。なかでもこれからの業界の発展のひとつに、まず養成施設の在り方が問われると考えます。ヘアスタイリストとしての技術や個々の感性のみならず、地域社会貢献の人材を育てられる理容師養成施設をこれからも目指して参ります。また、組合立である本校は、都立時代を含めると90年以上の歴史と伝統を誇る理容専門学校です。その時代から培った、国家試験を見据えた基本を学ぶカリキュラムをはじめ、東京の理容組合立ならではの組合講師による応用技術を学ぶ授業や卒業後のサロン就職にかかわる加盟店舗からの求人も多数あります。また、国家試験の合格率においても実技、筆記ともに常にトップレベルを維持しております。全国で唯一の理容専科の本校へのご入学を心よりお待ちしております。

 

学校長 ごあいさつ

東京理容専修学校 学校長

中村 雄

学校長 ごあいさつ

本校は都立時代を含めると、約2万人の卒業生を理容業界に輩出している歴史と伝統を誇る理容専門学校です。本校の特色として、低廉な授業料や国家試験の合格者の高さ、中卒者の受け入れや福祉施設における奉仕活動を通じる実習体験授業などにより、現在の理容業界にマッチした人材の育成に取り組んでいます。また、理容師国家試験を見据えた基本を学ぶカリキュラムをはじめ、東京の理容組合立ならではの組合講師による応用技術を学ぶ授業や、求人も組合立ならではの店舗数とあわせて、卒業後の就職へのバックアップとしてセミナー等も実施しております。一生の生業として、魅力ある理容業への第一歩を是非本校からスタートしていただけるようご入学を心よりお待ちしております。

 

学校沿革

・昭和5年(1930年) 東京市社会局芝園職業訓練所に付設される。
・昭和21年(1946年) 千代田区九段に移転、東京都理容技術講習所と称し修業年限1年制となる。
・昭和24年(1949年) 都立東京都理容学校と名称変更。
・昭和54年(1979年) 東京都より財団法人東京都社会福祉振興財団に経営移譲、財団立東京都理容学校と  名称変更。
・昭和55年(1980年) 専修学校認可
・平成7年(1995年) 東京都理容生活衛生同業組合に経営移譲され東京理容専修学校と名称変更
・平成17年(2005年) 東京理容専修学校 創立10周年記念式典挙行
・平成27年(2015年) 東京理容専修学校 創立20周年記念式典挙行
・平成28年(2016年) 校舎リニューアル
・平成30年(2018年) 美容修得者コース開講

東京理容専修学校

Ⅰ 教育理念

学校教育をとおして、青蔦のように粘り強く魅力ある社会人として、地域福祉にも貢献できる“人にやさしい奉仕の精神”を尊ぶ理容師を育成します。

Ⅱ 教育目標

1 専門的知識及び技術を身につけさせるとともに、職業人として社会貢献できる理容師の育成を図ります。
2 心身ともに健全で、おたがいの人格や価値観を尊重する良識を備えた理容師の育成を図ります。
3 社会人の一人として、社会福祉について理解を深め、奉仕の精神を尊ぶ人間としての成長を図ります。

Ⅲ 教職員指導指針

1 生徒に対して性別・年齢・性格等いかなる理由によって差別はせず、生徒の人権を尊重します。
2 生徒一人ひとりの個性等を把握し理解することにより、生徒の特性を踏まえたきめ細かな教育・指導を行います。
3 生徒に対する権威的・高圧的な態度及び乱暴な言動は慎み、生徒一人ひとりが誇りを持って学べる学校の実現に努めます。

講師紹介

合格まで私たちがお手伝いします!!

講師一覧

Access

所在地:東京都千代田区西神田1-3-4

電話番号:03-3293-9871
FAX: 03-3293-9873

利用交通機関

JR総武線 水道橋駅 東口 徒歩5分
半蔵門線 神保町駅 徒歩5分
都営三田線 神保町駅 徒歩5分
都営新宿線 神保町駅 徒歩5分

Map

大きな地図で見る

東京理容専修学校の取り組み

■ 教育方針

学校教育をとおして、青蔦のように粘り強く魅力ある社会人として、地域福祉にも貢献できる“人にやさしい奉仕の精神”を尊ぶ理容師を育成します。

学校の教育理念
自己評価報告書

■ 個人情報保護について

当校では以下のPDFの内容にて個人情報保護についての取り組みを行なっております

個人情報の保護について(PDF)

トップへ